DV問題を解決する方法とは

夫婦なのだから、たまにケンカをしてしまうこともあるでしょう。しかし、ケンカが行き過ぎてDVになってしまう家庭も少なくないと言います。

最近になって家庭内の暴力事件に注目が集まっています。これまでは家庭内のことだからと、ある程度見過ごされてきた部分もあったかもしれませんが、DVの認識が世間に浸透してきたことで、これまで実態の掴めなかったDV被害が表に出てくるようになりました。

DVは、夫から妻に対しての肉体的暴力、というのが一般でよく知られていますが。DVは夫から妻への肉体的暴力だけではなく、精神的暴力、妻から夫に対する暴力もDVに含まれます。
参考:配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律


このDVでは被害者の多くが、どうにかして現状を抜け出したいと思っている一方で、解決方法がわからなくて、自分が堪えることで問題を解決しようという人もいるようですが、この解決方法はあまり良くありません。

DVを自分が堪えることで、仲の良かった時期に戻るということは極稀です。

DVは加害者が改心しない限り続きます。加害者の気持ちを改心するには、何かしらのアクションを起こすしかありません。

そのアクションこそが、DV問題の解決方法ということになります。
では、どのようなアクションがDV問題の解決につながるのか、簡単に見ていきましょう。


・両親や親族に夫婦の仲裁に入ってもらう

自分ではどうすることもできない、夫婦からのDVを堪えるしか方法がない人で、両親を頼って相談する方もいます。
両親や親族が、夫婦の仲裁に乗り出してくれる場合もありますが、逆に話がこじれてしまう可能性もあります。
両親や親族には、DV加害者の両親と親族も含まれるため、話し合いをしているうちに親族を巻き込んだ問題に発展することもあります。


・警察に相談して被害届を出す

夫婦から肉体的な暴力を受けていた場合、大きな怪我をするだけでなく、命の危険も考えられます。
身の危険を感じてすぐに相談する先は、警察を置いて他にないでしょう。
しかし、警察がDV対策をすぐに行うためには、明確な被害があって、被害届を出した場合です。
そのため、警察でも家庭の事情に介入することができない場合もあるため、警察に何度か相談をして、事前にDVの心配があることを伝えておく必要もあります。


・DVの証拠を集めて離婚する

離婚もDVの問題を解決する方法のひとつです。この離婚という方法をとる場合、DVを受けている被害の証拠が必要になります。
肉体的な暴力なら、病院で医師に診断書を作成してもらったり、精神的な暴力(モラハラ、脅迫、暴言など)の場合では、その精神的な暴力を受けている録画映像や録音データなどがあると、DV加害者との離婚をスムーズに行うことができます。
参考:DV対策を探偵に依頼した場合、どのような対策をしてくれますか?



DV問題の解決方法の多くが、結局のところ自分で行動を起こす必要があるものが大半です。
被害者の中には行動をなかなか起こすことができずに、現状を堪えている人が多いという話はしましたが、こうした人はまずは話を聞いてくれる場所、DVの相談ができる場所を見つけておくことも大事です。

行政では、DV被害者に対して相談窓口を設けているところが多数あります。自分が暮らしている行政機関で相談窓口を見つけることもできますし、弁護士やカウンセラーといった民間の相談先もあります。
参考:DV対策、女性保護について


こうした相談窓口で、DVの被害者がどのようにしたらDV問題を解決することができるのか、その行動に関するアドバイスをしてもらうこともできます。

もしも、DV問題で堪える毎日を過ごす人がいれば、一度相談窓口を利用して、あなたの話を聞いてもらってください。